A社員の一日(2017年9月 入社)

A君(フィールドSE)のある一日
7:00
起床
7:45
配属現場に向け出社
8:30
現場到着
9:00
朝礼を行い、メールをチェック。この日はアサインしている案件の定例会があるため、メールをチェック後すぐに外出
10:00
定例会。
キヤノン様パッケージ製品の更改案件。どのような設計にするかなどを、PMやお客様たちと議論します。
12:00
外出先近くのラーメン屋で昼食。
社内にいる時はデスクで食べることが多いですが、外出先では美味しいお店を調べ行くことが多いです。
13:00
配属先の現場に帰社。
この日は、出社後すぐに外出となってしまったので、朝にできなかった仕事などを行いました。
14:00
定例会で上がった課題の調査。
調査を行い答えが出ることにより、プロジェクトが進行していく感覚があり、やりがいを感じられます。
17:30
終礼
17:45
帰宅。
明日自分が行う仕事をまとめ、帰宅。

N社員の一日(2017年9月入社)

N君(プログラマ)のある一日
7:00
起床
7:45
出社
8:50
メール・スケジュール確認。
プロジェクトの開発段階によって作業内容は変わります。 WBSというスケジュール管理手法をとっており、日付単位でやるべきこと、これからやるべきことがまとめられています。 上記を元に期限を遵守し作業を行っていきます。
11:00
レビュー。
作成したプログラム・計画書等の内容が正しいかを作業指示者に確認してもらいます。 経験豊富な先輩社員から、自分では気付かない観点からの意見を頂くことで知見が広がり、フィードバックを反映し、より完成度を高めていくことが出来ます。
11:45
昼休み。
外に食べにいくこともありますが、お弁当を持参してデスクで食べることが多いです。 ただ、業務中は室内でパソコンに向かっているため、暖かい日差しを浴び、外を散歩することでリフレッシュして午後の業務に取り掛かれます。
12:45
業務再開
15:00
業務で感じること。
プログラム修正等に付随した疑問の答えが鮮明になる瞬間や、完成度の高い成果物を生みだすことによる達成感が、エンジニアという仕事の醍醐味だと感じています。 私自身は、まだまだ周りの方達の協力に支えて頂くことばかりですが、 チームで意思疎通を取り協力し合うことが良質な開発に繋がると感じます。
18:00
帰宅。
WBSに作業実績を入力し帰宅します。 帰宅後は、美味しいご飯を食べるのが好きなのですが、業務中はデスクワークなので、ランニングやスイミングを意識して行い、健康に気を配っています。